ムエタイ史上1番強い選手は誰だ!?歴代ベスト5決めてみました!!

スポンサーリンク

ムエタイで1番強い選手はだれ?ベスト5から紹介!!

トップページ
立ち技最強と呼ばれているムエタイ。

 

500年の歴史のうち60kg以下の軽い階級は神の階級とも呼ばれていて海外にタイのチャンピオンベルトを渡したことがないんです

 

その理由は多くのタイ人が小さい頃からムエタイをやっており闘いの日々だからです。

 

タイの選手は100戦を普通に越しますからね。
(日本人は多くても30?50戦くらい)

 

そんな強豪が揃っている中で歴代で強いのは誰か気になってきます。

 

そこでランキング形式で5人の選手を選んでみました!

5位 サムゴーギャットモンテープ

トップページ
この選手は"左ミドルで3階級制覇した男"と呼ばれるくらい左ミドルキックが強い選手です。

 

実績ではルンピニーで3階級のチャンピオンになっています。

 

YouTubeの動画での日本の名選手である小林聡、金沢幸久などを蹴り倒す姿を見れば納得です。

 

鉄バットで殴られたような痛みだそうで蹴られた相手は段々と腕が上がらなくなってきます。

 

元は勝ったり負けたりと並のムエタイ選手だったそうですが左ミドルを集中的にやるようなスタイルにして強くなったそうです。

 

4位 アタチャイ& セーンチャイ

アタチャイ↓
トップページ

 

セーンチャイ↓
トップページ
4位はどうしても2人のランクインにしてしまいました!

 

アタチャイフェアテックスはルンピニースタジアムで2階級制覇している選手です。

 

パンチやキックを避けるスウェーやヘッドスリップの技術はムエタイ界でもトップの選手ですね。

 

テクニックも群を抜いていて史上初のルンピニーとラジャダムスタジアムの統一王者のアヌワットにも勝利を収めています。

 

次に紹介するのが"生きる伝説"と言われるセーンチャイPKセンチャイジム(ソーキングスター)
です。

 

ムエタイでは300戦以上も闘って4階級制覇もしている超人でテクニックがムエタイの中でも神の領域です。

 

そのため相手も見つけづらく体重の差がある試合などになる場合も多いです。

 

日本でもたまに来日しますが圧巻のテクニックで日本人選手は負けてしまいます。

 

 

ムエタイ豆知識!ムエタイで頭と腕につけてる輪っかは何て名前?

ムエタイというと、選手が頭と腕につけている輪っかを見たことはないでしょうか?
ムエタイ,強い,選手,1番,歴代

 

これは戦いのお守りという意味があり、ムエタイ選手はつけています。

 

ここで問題です。
Q1.この頭につけている輪っかと腕につけている輪っかはそれぞれ名前がありますが、なんというでしょう?

 

答えはすぐ下にあります。

 

そして、実はこの輪っかは日本の通販でも売られています。

 

もう一つ問題です。
Q2.この輪っかは、いくらでしょうか?

 

答えは下のボタンを押すと、楽天かAmazonで確認できます。

 

 

 

第3位 チャモアペット トンユーヨン

トップページ
チャモアペット トンユーヨン(ハーパラン)は30年前ほどの昔の選手になりますが"ダイヤモンドの槍"と言われる前蹴りを持つ選手です。

 

3位にした理由はやはりムエタイ史上初の9冠王を制した男だからですね。

 

比べちゃだめなんですがボクシングで有名なマニーパッキャオでも6階級制覇ですからね(笑)

 

やはり判定でポイントを取る技術などムエタイの闘い方が上手い選手と言えます。

 

第2位 サーマートパヤクァルン

トップページ
2位に挙がるのはやはりイケメン天才児サーマートですね。

 

サーマートという名前の由来も天賦の才という意味でまさにその通りなんです。

 

この選手は練習嫌いとしても有名な中でルンピニースタジアムで4階級制覇を成し遂げています。

 

なんと言ってもムエタイで強い上に国際式ボクシングの世界王者にもなっているんです。

 

動画を見ても天才肌が感じ取れます。

 

 

第1位 ディーゼルノイ チョータナスカン

 


歴代の中で1位に挙がるのは"天を突くヒザ"と称されるディーゼルノイ選手です。

 

この選手の逸話は強すぎて対戦相手がいなくなり24歳という若さで引退してしまいました(笑)

 

動画を見るとあのヒザの威力を試合でやられたら倒れてしまうでしょう。

 

実際に2?5位の選手に比べるとテクニックは劣るものの試合となると膝蹴りが有利になるでしょう。

 

国民栄誉賞にも選ばれており偉大な選手でした。

 

まとめ

このベスト5の他にもアヌワットなど強い選手は全然います。

 

一応実績や勝利数など独断で決めたランキングですのでボクシングでいうパウンドフォーパウンドみたいだと思ってください。

 

でも1位、2位は確実にあの2人だと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ